人生は旅だ

よもやま話に花が咲く

動画

疾風迅雷の表層雪崩に追い掛けられるスノーボーダー!

晴れた冬の日にスキーやスノーボードで斜面を滑走すると、なんとも例えようがない爽快さを味わえる。自然を背景に風を切り、自力で滑り降りる感覚は非日常的な醍醐味(だいごみ)がある。ただし、滑降するのは人間だけではないのでご用心。

深酔いの飼い主を周囲から死守!けなげな用心棒のわん公

あなたの相棒がすっかり酩酊(めいてい)し、路上でぐうぐう寝ていたらどうするだろうか。手荒にたたき起こすか、安全な場所ならほったらかす選択肢もあるはずだ。しかし、このわん公は一味違う。なぜなら、身をていして飼い主を守ろうとするからだ。

ビキニの露出度から「ちらっと」見える社会の移り変わり?

各時代の特徴を描写する鏡とはなんだろうか。殊に女性のファッションは色彩豊かであったり、単純なデザインであったりと時流に乗っている。つまり、時代の動向や生活様式の象徴となってきた。もしかしたらビキニの変化から何かうかがい知れるかもしれない。

地球のはるかかなたに位置する天体!超高画質で眺め入る

ある数字が仰天や失笑につながることがある。ところが、想像の枠を超越していると今一つぴんと来ないものである。そのような経験がなければ、地球からアンドロメダ銀河までの距離を知るのが手っ取り早いはずだ。なんと「230万光年」である。

赤ちゃんの笑い声が極上の褒美?一生懸命にあやすわん公!

赤ちゃんは好奇心の塊。とにかく「興味津々」を追い掛けたがる。この日は家族の一員であるわん公に夢中な様子。はいはいしながら懸命にわん公を追跡する赤ちゃん。一方、気配りをしながら、赤ちゃんを喜ばせようとしているわん公。双方の愉快な攻防に注目だ。

所変われば品変わる?世界の人たちが米国1ドル札を数える

1枚、2枚と数えるのはお皿ではなく、釣り銭の紙幣を渡すコンビニ店員だ。日常的な光景だが、世界各国では一体どのような方法で数を読むのだろうか。ひとまず各国代表がお国柄の表れた勘定方法を披露してくれるので見てみよう。

ロボットたちのハードロック?豪快にたたかれるドラム!

現代社会におけるロボットは工場だけでなく、医療や建築などの場でも貴重な戦力として活躍している。そして、その才能を発揮するのは職場だけにどどまらない。今やロボットの活躍の場は人々を楽しませる領域にまで浸潤しているのだ。

水中からワニが急接近!不意の出来事に面食らう人たち?

本格的に暑さが増してくる真夏を迎えると、避暑のためにプールや快水浴場がにぎわう。しかし、水中には危険がいっぱい潜んでいるから注意が必要だ。特にどう猛極まりないワニに目を付けられた日には恐怖感から胸の鼓動が早くなるに違いない。

見違えるような表情!傷心の家無きわん公と心の交流

誠に遺憾だが現代でも親に見捨てられる子どもは存在する。そして、子どもは心に深い傷を負ってしまう。人を信じられず、警戒心の強い傾向が現れるそうだ。しかし、それは家族の一員である愛玩動物とて何も変わらないことを決して忘れてはいけない。

ひょんな方法でファウルボールを手に入れた幸運な女性!

大リーグの球場では内外野席を問わず、グローブ持参で応援しているファンが日本よりはるかに大勢いる。なぜなら、打った球を観覧席で捕球すれば、大リーグ公式球をもらえるからだ。ところが、違った形で美技を見せ付けた女性がいたようで。

難解タイ語の輪郭に触れてみる!言葉を学んで文化を知る?

タイ語といえば世界三大スープの「トムヤムクン」や魚醬(ぎょしょう)のナンプラーくらいしかなじみがないはず。独特な文字と鼻声で歌っているかのような節回しに尻込みしがちだ。そこで、今回はタイ文化の入り口ともなるタイ語の概要をお伝えしたい。

磁石と磁石が接近したら?磁気の力でくっつくまでの動き!

子どもの頃に授業や砂場遊びで、磁石を近づけると膨大な量の砂鉄が付着するのを見ただろう。砂鉄が掃除機に吸い取られるかのような光景に驚かされたはずだ。その磁力が互いに及ぼし合う力をスローモーションで観察すると、新たな発見があるやもしれない。

雨は天からの恵み!竹と土だけで貯水槽が出来上がる?

われわれの生活に水が不可欠なのは万人周知の事実だ。例えば飲料・お風呂・炊事・洗濯・洗面・手荒い・歯磨きなどありとあらゆる用途がある。しかし、水道が整備されておらず、自然を有効活用する厳しい環境下では果たしてどのように対処しているのだろうか。

男と男のたいまん勝負!鬼気迫るロシアの平手打ち選手権

世界の至るところで強さやたくましさを競い合っている。スペイン・バスク地方に古くから伝わる「石上げ」もその典型だ。強さへのあこがれは男性が持つ本能かもしれない。そして、ロシアでは風変わりな一対一の決闘で剛健さを角逐する男たちがいる。

ごろごろ転がり傷だらけ!英国のチーズ転がし祭りとは?

普段は見向きもしない競走でも、懸賞がかかると途端に熱気を帯びてくるもの。賞品や賞金のため、なりふりなんて構っていられない。どんな障害が行く手を阻もうとも猪突猛進あるのみだが、くれぐれも安全第一だ。チーズが伸びるのはいいが、人間だと一大事。

時間よ止まれ!四囲の人々がぴたっと動かなくなったら?

ちょっとした空き時間でもスマートフォンを確認するなど、現代人は常に何かに没入している印象だ。そのため、傍らの事変にすら「我関せず」を頻繁に目撃してしまう。ところが、周囲の人々が不意に完全に止まったら、さすがに気にせずにはいられないはずだが。

好奇心が旺盛で賢い?フレンチブルドッグの一日に密着!

世界的にも人気が上昇している愛嬌(あいきょう)満点の愛玩犬フレンチブルドッグ。フレンチの名が付くとなんとなく上品や洗練を連想してしまいがちだが、その実態はどうなのだろうか。あるフレンチブルドッグの起床から就寝までを観察してみよう。

既成の工具は使わない!たった一本の竹から鳥籠ができる

手作りの物には独特の暖かさがある。しかも、それが大地の恵みだけで出来上がっているなら、味わい深さも加わるはずだ。耐久性に少し問題があったとしても、土に返って自然循環できるのは理想的だ。そんな地球に優しい鳥籠を作り上げた達人の妙技をご覧あれ。

一歩でも踏み外したら谷底に転落!クモ男が命懸けの岩登り

子どもの頃はどんな遊戯をしていただろうか。鬼ごっこをして遊んでいたのを思い起こす大人も多いはずだ。地域によって鬼遊びや鬼事とも呼ばれる鬼ごっこ。今や会話にすらあまり出てこないのではないだろうか。ところが、スポーツとして発展しているようだ。

誰もが振り返る?実も出てしまいそうな湿っぽい破裂音!

現代は暖衣飽食の時代である。衣食足りて礼節を知るとはよくいったもの。公共の場で迷惑をかけないのは当然の習いとして知られている。ところが、透かしっぺのつもりで放った一発が爆鳴だったら赤っ恥をかくはずだ。そして、周囲の反応はどうだろうか。

混沌(こんとん)たる首都バンコク!町並みを打ち眺める

タイの首都バンコクは発展目覚ましい。東南アジアの交通の要衝であるスワンナプーム国際空港。バンコクの中心部を走る高速鉄道や高速道路。次々と建てられる近代的なビルなども象徴的だ。一方、伝統的な寺院なども混在し、一種独特の雰囲気を醸し出している。

現代版ベスト・キッドがニューヨークの町中で大暴れ!

誰もがけんかを目撃したことはあるはずだ。当事者になっても決して手を出さず、穏便に済ませたい。しかし、身内や自らに危害が加えられるなら話は別だ。武力行使も視野に入れざるを得ない。ただし、人を見た目で判断すると痛い目に遭うから油断禁物だ。

母猫が出産する光景!命の息吹を一気に四つも授かった?

新しい生命が誕生する瞬間は期待に胸が高鳴る。しかし、特に初めての出産を迎える女性は未知への不安を募らせるはずだ。それでは、猫の場合は果たしてどうだろうか。いつも自らの進度で物事をし、ごろごろしている印象だが、母猫になる瞬間をのぞいてみよう。

終始圧倒的優位に立つ猫?風変わりなビリヤード対決!

映画の影響でビリヤードが爆発的に流行した1980年代。待ち時間が2時間を越えるのもざらだったそうだ。ボウリング場にはビリヤード台や卓球台が併設されていることがあるので、存在は誰もが知っているはずだ。しかし、「玉突き猫」の誕生は知る由もなかった。

ブロック玩具仕立ての調理マシン!単身者の強い味方?

朝は一日の始まり。朝日を浴びて気持ちよく目覚め、余裕を持って朝食といきたいところ。しかし、目覚まし時計と格闘の末、飲み物だけで済ますこともあるはずだ。中には朝食抜きが常態化してしまっている事例も多い。そんな浮世に登場した救世主がこちらだ。

自転車泥棒に容赦なく天誅(てんちゅう)が加えられる!

ものの善悪に区別がついていながらも、悪事を働く愚か者が後を絶たない。この動画に収められている羞恥心のかけらもない自転車泥棒を反面教師とし、われわれも戒めとすべきだ。果たして泥棒猫の思い通りにいくのだろうか。そうは問屋が卸さない。

ドラゴンボールマニアが手製の筋斗雲で海岸沿いを飛ぶ?

秋葉原はオタクの聖地としても名高い。コスプレを至る所で目にするので「別世界」と紹介されほどだ。最近では扮装(ふんそう)する文化が海外にも広まりつつあるらしい。外国人が日本に興味を持つ機会が増えるのは日本人として喜ばしい限りだ。

なんとしても関心を引きたいわん公?知らず顔の飼い主!

愛犬家が犬を愛してやまない理由の一つは一度信頼関係を築き上げたら、飼い主に対して忠誠を尽くし切ってくれることだろう。そして、あらゆる手段を使って飼い主からの愛情をほしがるのが実にかわいらしい。ところが、あえて無視したらどうなるのだろうか。

甘露メロンの種!生えた根が伸びるまでをまとめた9日間

青物屋では促成栽培や抑制栽培などの発達により、旬以外でも年間を通じて多種多様な果物が並ぶようになった。その中でも高級果物の代表格であるメロンがどのように成長していくのかご存じだろうか。なかなか目にできない成長過程の一部をのぞいてみよう。

木工旋盤で大ちょんぼ?切削されたのは木材だけにあらず!

小学校には図工こと図画工作の授業があり、絵画や造形を学んだ。副教科のときだけ、意気揚々としている同級生もいたはずだ。物作りには人を無二無三に打ち込ませる何かがあると幼心に思ったものだ。ただし、何事にも失敗が付き物であることは忘れるべからず。