人生は旅だ

よもやま話に花が咲く

疾風迅雷の表層雪崩に追い掛けられるスノーボーダー!

晴れた冬の日にスキーやスノーボードで斜面を滑走すると、なんとも例えようがない爽快さを味わえる。自然を背景に風を切り、自力で滑り降りる感覚は非日常的な醍醐味(だいごみ)がある。ただし、滑降するのは人間だけではないのでご用心。

100年で迎えた自動車の大変革期?前途の風向きを占う!

自動車業界が100年に一度の大変革期の到来と騒がれている昨今。日本においてはAT車の普及にはじまり、若者の車離れやエコの波を経験した。そして、車自体のモビリティ化の流れから現在に至っている。現代の車を鳥瞰(ちょうかん)し、語ってみたい。

深酔いの飼い主を周囲から死守!けなげな用心棒のわん公

あなたの相棒がすっかり酩酊(めいてい)し、路上でぐうぐう寝ていたらどうするだろうか。手荒にたたき起こすか、安全な場所ならほったらかす選択肢もあるはずだ。しかし、このわん公は一味違う。なぜなら、身をていして飼い主を守ろうとするからだ。

フライボール革命が化学変化?日米野球の違いと独自の進化

今や大リーグを席巻しているフライボール革命。海を渡り日本にも波は押し寄せつつあるが、野球に対する意識の相違や身体的な能力差などから万人向けの大革命とはいかないようだ。それでは、日本ならではの強みを生かした戦術を探っていきたい。

ビキニの露出度から「ちらっと」見える社会の移り変わり?

各時代の特徴を描写する鏡とはなんだろうか。殊に女性のファッションは色彩豊かであったり、単純なデザインであったりと時流に乗っている。つまり、時代の動向や生活様式の象徴となってきた。もしかしたらビキニの変化から何かうかがい知れるかもしれない。

タイ北部発!タムルアン洞窟の遭難事故が衝撃の結末?

2018年6月23日にサッカーチームに所属するタイ人の少年たちがタイ北部のチェンライ県郊外に位置するタムルアン洞窟に入り、浸水のために出られなくなる事故が発生した。後に世界的なニュースとなり、多くの関心や援助を集めた。果たしてその結末はいかに。

硬派かつスーツの似合うアバルト 595の誉れを再考する

2007年に完全復活したアバルトは同年に復活を果たしたフィアット・500を格好の素材とし、新たな発展を遂げてきた。アバルト595について、車種構成やカルロ・アバルト氏の価値観などを交え、雑多にご紹介してみたい。

地球のはるかかなたに位置する天体!超高画質で眺め入る

ある数字が仰天や失笑につながることがある。ところが、想像の枠を超越していると今一つぴんと来ないものである。そのような経験がなければ、地球からアンドロメダ銀河までの距離を知るのが手っ取り早いはずだ。なんと「230万光年」である。

ペナントレースの意義!勝率5割以下ならCS出場権を剥奪?

2007年から始まり、紆余(うよ)曲折を経ながらもファンの間で定着しつつあるCS。しかし、依然ペナントレースの勝率が5割を切るチームでも、日本一となる毒を残す現行のルール。年間で最強のチームを決する意味合いからも矛盾が生じてしまっている。

赤ちゃんの笑い声が極上の褒美?一生懸命にあやすわん公!

赤ちゃんは好奇心の塊。とにかく「興味津々」を追い掛けたがる。この日は家族の一員であるわん公に夢中な様子。はいはいしながら懸命にわん公を追跡する赤ちゃん。一方、気配りをしながら、赤ちゃんを喜ばせようとしているわん公。双方の愉快な攻防に注目だ。