人生は旅だ

よもやま話に花が咲く

日大アメフト事件!学生スポーツが陥る旧態依然の体質?

日本大学アメリカンフットボール部の一連の騒動が物議を醸している。学生スポーツの閉鎖的なチーム環境や監督・コーチの絶対的な存在といった特殊性が明るみに出た。反則を犯した選手に非はあるが、それ以上に学生を取り巻く環境の問題点が浮き彫りとなった。

一歩でも踏み外したら谷底に転落!クモ男が命懸けの岩登り

子どもの頃はどんな遊戯をしていただろうか。鬼ごっこをして遊んでいたのを思い起こす大人も多いはずだ。地域によって鬼遊びや鬼事とも呼ばれる鬼ごっこ。今や会話にすらあまり出てこないのではないだろうか。ところが、スポーツとして発展しているようだ。

誰もが振り返る?実も出てしまいそうな湿っぽい破裂音!

現代は暖衣飽食の時代である。衣食足りて礼節を知るとはよくいったもの。公共の場で迷惑をかけないのは当然の習いとして知られている。ところが、透かしっぺのつもりで放った一発が爆鳴だったら赤っ恥をかくはずだ。そして、周囲の反応はどうだろうか。

好一対のMT車フィアット・500S マヌアーレの全貌をつかむ

フィアット・500(チンクエチェント)の魅力を目いっぱい引き出せるのが、0・9LツインエアのエンジンとMTミッションの組み合わせだ。待望の仕様で限定車「500S Manuale(マヌアーレ)」が100台限定で2018年6月9日に発売された。その全貌をお伝えしたい。

共生の謎を解く!仏教国タイにいる少数派のイスラム教徒

仏教国のタイでは全てのタイ人が寺院に参拝している先入観も少なくない。しかし、一定数のイスラム教徒が生活している。タイ深南部の物騒な事件ばかりが注目されがちだが、排他的ではないタイ人の性格も手伝い、異文化同士が比較的良好に共存できているのだ。

混沌(こんとん)たる首都バンコク!町並みを打ち眺める

タイの首都バンコクは発展目覚ましい。東南アジアの交通の要衝であるスワンナプーム国際空港。バンコクの中心部を走る高速鉄道や高速道路。次々と建てられる近代的なビルなども象徴的だ。一方、伝統的な寺院なども混在し、一種独特の雰囲気を醸し出している。

先代ヌォーヴァの変遷と「フィアット・500C 60th」の評価

2018年5月21日にフィアット・500の60周年記念車である「500C 60th(チンクエチェント・シー・シックスティース)」が、全国限定50台で発売された。この限定車を評するとともに、切っても切れない60年前のヌォーヴァ 500の移り変わりを振り返りたい。

現代版ベスト・キッドがニューヨークの町中で大暴れ!

誰もがけんかを目撃したことはあるはずだ。当事者になっても決して手を出さず、穏便に済ませたい。しかし、身内や自らに危害が加えられるなら話は別だ。武力行使も視野に入れざるを得ない。ただし、人を見た目で判断すると痛い目に遭うから油断禁物だ。

アルファロメオ・ステルヴィオからSUVを新たに例証する

アルファロメオ初のクロスオーバーSUVであるステルヴィオが2018年6月25日に国内発売となる。月並みなせりふだが「お前もか」である。クロスオーバーSUVながら舗装路での走りに注力したステルヴィオ。その特徴を「SUV感」とともにご紹介したい。

母猫が出産する光景!命の息吹を一気に四つも授かった?

新しい生命が誕生する瞬間は期待に胸が高鳴る。しかし、特に初めての出産を迎える女性は未知への不安を募らせるはずだ。それでは、猫の場合は果たしてどうだろうか。いつも自らの進度で物事をし、ごろごろしている印象だが、母猫になる瞬間をのぞいてみよう。