人生は旅だ

よもやま話に花が咲く

気味の悪い生き物ほど食べると美味?ぷくっと膨れたあの魚

外食でなじみのない料理を注文するのに渋った経験はないだろうか。その食べ物の生きた姿形が気色が悪ければ殊更のことだ。とはいえ、見た目に反して食してみれば意外においしいものも少なくない。日本人が食すあの魚もぴったり当てはまるはずだ。

混乱状態に陥った飼い主?即座に察知する理知的な介助犬!

われわれの日常生活において、犬の役割は日々範囲を広げている。犬が持つ圧倒的な嗅覚のみならず、注意力や忠誠心などの特長を生かし、人間の生活を快適にするための試行がなされている。本動画に登場する名犬とトレーナーの逸話もその一つに数えられる。

空想上の動物である竜!描き続ける一筆流晄秋家の職人

「職人」と聞いて思い浮かぶ一つに対象への強烈なこだわりではないだろうか。打ち込んでいることに対し、寝ても覚めても拘泥する印象が強い。そして、本動画に登場する「その道の専門家」も現実離れした動物の作品に執念を燃やしている。

新鮮なバナナを使いこなして絵画や彫刻を生み出す芸術家

料理は味覚と視覚で楽しめる。ユネスコ無形文化遺産に登録された和食だけでなく、中華料理やタイ料理など幾多の料理で、料理人たちがしのぎを削っている。しかし、本動画の芸術家が表出する「別天地」に足を踏み入れた料理人はいないはずだ。

米国の警官たちが署内を舞台に大暴れ?口ぱく合戦を披露!

米国の警察官といえば、いかつくて怖い先入観ではないだろうか。確かに拳銃大国の米国では見た目の威圧感による抑止力も不可欠なのかもしれない。しかし、激務に耐える彼らの中にも陽気な芸達者が大勢いるのを覚えておいた方が良さそうだ。

進境著しい大谷翔平選手が突破すべき難関と功績を探る!

右肘の靱帯(じんたい)損傷で離脱しながらも、打者として復帰を果たした大谷選手。ピッチャーとしてもブルペンでの投球ができるまでに回復し、相変わらずの打撃で相手チームの脅威となっている。さらに、奮闘を重ねながら感動を与えてくれそうだ。

2007年式の3代目スズキ・ワゴンR!中古車の試乗記

「元祖軽ハイトワゴン」や「軽自動車選びに迷ったらこれ」などと名誉ある形容をされている定番のスズキ・ワゴンR。今回は約11年前の3代目ワゴンRの中古車に試乗してみた。格安ワゴンRとして旬の1台を独自目線で臆することなく評価してみたい。

恐る恐る階段を降りるコーギー犬の子犬が愛くるしい!

幼い時は歩幅が短いため、階段を踏み外さないように用心していたものだ。特に段差がある上り下りは殊更だった。ところで、高低差に着意するのは身体能力の低い動物である人間くらいかと思ったら、そうでもないらしい。中にはこんなわん公もいるわけで。

タイ旅行者は要注意!知られざる禁煙促進国家タイランド?

日本では喫煙所の縮小などが加速しており、愛煙家は肩身が狭いはずだ。規制の厳しい日本から脱出し、自由を謳歌(おうか)したい喫煙家がいてもおかしくない。ところが、タイの方がはるかに規制が厳しく、泣きべそをかかないように基礎知識を知っておきたい。

食欲旺盛なラクダ!とげをも気にせずサボテンをぺろり?

ラクダで思い出すのが「砂漠のラクダ乗り」ではないだろうか。中近東では観光客に人気の乗り物でもある。ところで、不毛の地に生息するラクダは何を食べているのだろうか。のんびり屋さんの見た目からは想像し難い、荒々しい食事風景に驚かされるはずだ。