人生は旅だ

よもやま話に花が咲く

ドラクエ11はロト三部作とどうつながる?4つの説を検証

ドラゴンクエスト11~過ぎ去りし時を求めて

4月11日にシリーズ11作目となるドラゴンクエスト11の発売日が、7月29日になると発表された。過去のシリーズとの関連など、今回はファンの心をくすぐる要素も多い。それが果たしてどのようなストーリーになるのか、考察していきたい。

2017年6月24日:加筆訂正。用字用語の整理。

「ロト三部作」とドラクエ11

初期のドラゴンクエストは「3~そして伝説へ…」から始まり、その後「1」、「2~悪霊の神々」と同じ舞台を時系列に並べた「ロト三部作」で構成されている。どうやら、その「ロト三部作」に今回のドラクエ11が加わることは既定の事実のようだ。

ドラゴンクエスト11の地図

ドラクエ11には世界名が「ロトゼタシれ」であるなど、「ロト三部作」を思わせるような表現がいくつも見られる。

ファンの間ではさまざまな考察がされているが、主立った説は下記の四つである。★三つを最高として各説を評価してみた。

3→1→2→11説 ★★☆

堀井雄二氏も監修を務めた「ドラゴンクエストモンスターズ キャラバンハート」において、2以降のアレフガルド滅亡が既に描かれているので、この説は説得力に欠けると言わざるを得ない。ただし、タイムスリップ*1して未来を救うストーリーとしてなら、成り立つ余地はありそうだ。

「過ぎ去りし時」とはロト三部作より後の時代

「過ぎ去りし時を求めて」はドラクエ11のサブタイトルだが、過ぎ去りし時(3→1→2の時代)が終わった後のストーリーとも予想されている。このサブタイトルを耳にして、2までの時代が終わった後のストーリーだとひらめいた人も少なくないはずだ。

世界樹がつながっている

命の大樹

3と2には世界樹が存在するが、それが同一の木で、2の世界樹が上の世界である3までそびえる巨大な木と疑う声がある。その世界樹が既出のプロモーションビデオに登場した命の大樹だとすれば、世界樹もドラクエ11と関連付ける根拠になる。

3→11→1→2説 ★★☆

一騎当千の将軍グレイグに「悪魔の子」と呼ばれる勇者

元々は色とデザインを契機にして導き出された説のため軽んじていたが、ドラクエ11の主人公が「悪魔の子」であると分かってから、「竜の女王の卵」との関係が急浮上してきた。

ドラクエ11の主人公が竜王

3で登場する竜の女王は勇者に「ひかりのたま」を託し、自分の子の卵を産み落とした後、息絶えてしまう。それが1の竜王なのかはゲーム内で明確に触れられていない。

ドラゴンクエスト11の主人公

また、主人公の服装と竜王の色にも類似点が多いことから、主人公は竜王ではないのかとうわさされている。

ロゴが似ている

ドラゴンクエスト1のロゴ

ドラゴンクエスト11のロゴ

1とドラクエ11の「DRAGON QUEST」のロゴを比較すると、使われている色に共通点も多く、ドラクエ11のロゴは1のドラゴンの位置を反転させたように見える。これが主人公が竜王ではないかと言われるゆえんの一つである。

11→3→1→2説 ★★★

ドラクエ11は最初から「勇者」としての冒険がスタートするので、主人公が「勇者ロト自身」と考えると合点がいく部分が多い。PV*2の一場面が竜の女王や精霊ルビスと仮定すれば、時代の流れがしっくりといく。

さらに、ヒロインが…。これは改めて記事にしたい。

PVに出てきたドラゴンは竜の女王

光り輝く昇竜

3の竜の女王は、神の使いと言われている。生い立ち、経歴などは不明であるが、ドラクエ11のプロモーションビデオの終盤にドラゴンが登場する。これが竜の女王ではないかとの意見がある。

もう一点は、ドラクエ11のロゴのドラゴンが「ひかりのたま」らしき玉を持っているように見えることが、よりどころになっている。

「勇者」という存在

ロト三部作で、主人公が最初から「勇者」と呼ばれているのは3のみである。1と2は勇者ロトの血を引く者だが、劇中で明確に「勇者」と呼ばれるような場面は皆無に等しいと言える。

邪悪な存在を倒す英雄が勇者と同等とするならば、1と2の主人公もロトの血を引く子孫として、勇者と表現して違和感はない。しかし、ドラクエ11の勇者は、そういった呼称的な意味合いではなく「勇者」の存在自体にスポットライトを当てたストーリーではないかとの予想がある。

全ナンバリングに関係している説 ★☆☆

PS4版のドラクエ11が40ギガバイト*3以上の大容量と発表されたことからも、この説であって欲しいが、残念ながら希望的観測と言える。

鳥山明氏のデザインは過去にも似通ったものが散見されているし、何よりシナリオにおいて全てのストーリーと整合性を持たせるのはハードルが高過ぎだからだ。

「過ぎ去りし時」とは過去のナンバリング全て

ドラゴンクエスト11の頼れる相棒カミュ

ドラクエ11の登場人物の一人である「頼れる相棒カミュ」の外見が「6~幻の大地」の主人公にそっくりである。そのことから主人公が現代と過去を往来し、ロト三部作、天空三部作、その他のシリーズを含めた壮大な物語だとする考えがある。

まとめ

独断であるが「11→3→1→2 説」が最有力と思われた。ドラクエファンの私としては「全ナンバリングに関係している説」であればうれしい誤算だ。

現時点では情報が限定的で、考察に限界があるが、思うところは人それぞれで意見も分かれるだろう。ドラクエ11が果たしてどのようなストーリーになるのか、予測はどこまで真実に迫っているのか、今後の展開が楽しみだ。

ただ、間違いなく当たっていることがある。それは、あの「アレフガルド」の音楽がドラクエ11から流れ聞こえてきたとき、往年のファンは感動せずにはいられないことである。

(出典:株式会社スクウェア・エニックス

*1:〔和製語 time+slip〕SF 小説などで,通常の時間の流れから逸脱し,過去や未来の世界に移動すること。/出典:スーパー大辞林3.0(三省堂 2014年)

*2:〔和製語 promotion+video〕/出典:スーパー大辞林3.0(三省堂 2014年)

*3:【gigabyte】情報容量を示す単位。一ギガバイトは一〇二四メガバイト。記号 GB/出典:スーパー大辞林3.0(三省堂 2014年)