人生は旅だ

よもやま話に花が咲く

わん公の危機察知能力の高さに感心させられる一幕

飼い主の方を見るブルドッグ

犬には数知れぬ秀でた能力があるらしい。その一つが、危ない状態を推測して知る能力だ。飼い主やその家族が危険にさらされていると感知できるのだ。そして、誰が飼い主の敵なのか鑑別できるそうだ。この動画は、そんな犬の特長に思いが及ぶ作品である。

2017年9月20日:用字用語の整理。

テレビ越しの少女の危険に感づいた犬が取った行動

この動画は、犬が映画鑑賞をしているところから始まる。ただ、のんべんだらりと見ているわけではなさそうだ。

ベッドに横たわっていた少女に、えたいの知れない不気味な物体が接近してきた局面で、沈黙を破り怒濤(どとう)のごとくほえまくる。さらに、少女に襲い掛かる一場面で、「わんわん」と鳴いている。

このほえる行為は、不気味な物体を威嚇して撃退するためなのか。それとも、家の中にいる飼い主や家族に救助を要請する意図なのか。それはこのブルドッグに聞いてみないと分からない。

ただ、この犬はテレビの中にいる少女に親近感を抱いたのだろうか。彼女に迫り来る不気味な物体に危機を感じたのだろう。

犬は概して人間に対する忠誠心が高い動物だ。だから、飼い主や飼い主が気を許した仲間にはよく懐く。一方で、飼い主やその仲間に敵意を感ずる人物には慣れ親しまない。

犬は自らが尽くす人物に危害が加えられる可能性を感じ取ると、猛烈にほえたり、かみつき攻撃をしたりして退けようとするようだ。

人間はどうなのか?

犬の突出した能力には一驚したが、果たして人間の場合はどうだろうか。ふと思い出したのが、まだ幼少の頃にテレビで見ていたザ・ドリフターズ主演の「8時だョ!全員集」だ。その喜劇の中で、志村けん氏が背後から迫る悪党に捕まりそうになる。すると、会場にいる子どもたちが一斉に「志村、後ろ。」と繰り返し叫んでいたのだ。

あの有り様から察するに、われわれにも仲間意識が芽生えていたのかもしれない。そして、危なっかしい状況に陥っている志村氏を救援したかったのだろう。

ただ、すっかり深酔いしてしまい、「お客さん、お金。」と連呼されるのは別問題だ。

(出典:YouTube