人生は旅だ

よもやま話に花が咲く

英国の人気ユーチューバー!洗濯機にロケット弾を発砲?

破壊炎上する洗濯機

ここ数年で生まれた職業の一つにユーチューバーがある。2005年にYouTubeが誕生してから、まだ10年しかたっていない。今では男子中学生が将来なりたい職業の上位に入るほどだ。少年の夢は壊しはしないが、丸つぶれを目指して躍起になっている映像がこちらだ。

洗濯機を破壊するための異常な試み

動画に出演している男性の名はコリン・ファーズ。英国出身の著名なユーチューバーらしい。

彼が用意したのは「何をしても壊れない」を売り文句にしている頑丈な洗濯機だ。あらゆる手段を駆使して、この洗濯機を破壊しようとする極めて分かりやすい挑戦である。ただし、その規模が大き過ぎというか、常軌を逸しているから面白い。

まず手始めに洗濯機の蓋を開けて、バズーカ砲*1を打ち込む。それでも全壊できないとなると、ロケットランチャー*2や角材までも持ち出す徹底ぶり。揚げ句の果てにはプラスチック爆弾*3まで投入している。

ついに洗濯機が火を吹いて完璧に破壊される様子が撮影されている。しかし、この男のただならぬ興奮状態が終始維持されたことにも驚きの一つだ。

「あったら面白い」を具現化する能力

25色のパレット

コリン・ファーズ氏は英国で約400万人もの視聴者を抱えるほどの人気者だ。この動画では彼の異様な一面が強調された感があるが、他の企画に目を通してみると「世界最速のベビーカー」や「空飛ぶ自転車」などしゃれっ気満載の発明品を生み出す発明家でもある。

彼が優れているのは「ばかげているけど面白い」を発想する力だろう。また、それを形にできる技術力を兼ね備えているのが素晴らしい。

こんな日本人ユーチューバーを見てみたい気もする。しかし、くれぐれも人に迷惑を掛けないようにはしてもらいたいもの。

人生まで「丸焼け」になってしまっては後の祭りだから。

(出典:YouTube

*1:〔bazooka〕対戦車用ロケット砲。円筒状砲身にロケット弾をこめて発射する。軽量で操作・携行が容易であり,破壊力は非常に大きいが,射程距離は短い。/出典:スーパー大辞林3.0(三省堂 2014年)

*2:【rocket launcher】ロケットの発射台。ロケットの発射装置。/出典:スーパー大辞林3.0(三省堂 2014年)

*3:爆薬とゴム状化合物を練り合わせた爆発物。可塑性があり,自由に成型できる。/出典:スーパー大辞林3.0(三省堂 2014年)