人生は旅だ

よもやま話に花が咲く

音楽

騎馬警察の馬が曲を聞いて高揚!披露する足の運びとは?

動物を観察していると、特定の音楽に反応して上機嫌になったり、体を動かしたりするのを目にすることがある。この警察官を乗せている馬の場合はどうだろうか。ただし、群衆で荒ぶれでもしたら一大事だ。お気に入りの曲があればいいのだが。

楽曲が最も盛り上がる部分のごう音!それに反応した異音?

音楽でもダンスでも静寂の時がある。これから最高潮を迎えるために、準備しているかのような時間だ。ひっそりした中にも緊迫した空気はしっかりと保たれ、観衆は感動を心待ちにしている。ところが、その前に度肝を抜かれた出来事があったのだ。

地下鉄の駅構内で心を打つハンドパン演奏をする孤高の男性

今ではごく当たり前の光景になっている路上ライブ。そこから初舞台を踏んだ芸能人も少なくない。海外には路上ライブならぬ駅内ライブがあるそうだ。駅の構内や電車の中で表現し、おひねりをもらう類いだ。この鍋みたいな楽器を抱えた青年もその1人だろう。

クラシックコンサートに「特別な客」が威風堂々と登場!

クラシックのコンサートには一種独特の張り詰めた空気感がある。完成度の高い音楽を追究するだけでなく、観客も静寂とともに演奏を楽しむ。あめ玉一つすら雑音として禁忌とされているくらいだ。そんなときに、われ関せずの「仰天の客」が登場したのだ。

世界一長いバンコクの正式名称!タイ人も覚えられない?

タイの首都「バンコク」には、延々と続くフルネームが存在する。そして、タイ人はバンコクのことを「クルンテープ」と呼んでいる。では、なぜそこまで長いのか。なぜバンコクとは言わないのか。そんな素朴な疑問を調査してみた。