人生は旅だ

よもやま話に花が咲く

野球

野球のセオリーを覆す!奇策が織り成すドラマとは?

天王山となり得る局面において、敵軍の意表を突く奇策がある。時としてその試合の潮目となり、優劣を劇的に変化させる。今回は負けたら終わりの舞台である高校野球夏の大会に着目する。背水の陣で臨む采配の数々を振り返っていきたい。

野球がベースボールに勝つために、あの投手が意識したこと

WBCことワールドベースボールクラシックでは過去2大会で連覇を経験。しかし、第4回は健闘もむなしく2大会連続の4位で敗退した。2020年には東京五輪を控え、選手たちは日本が再浮上するために始動している。今回はその課題にスポットライトを当ててみた。

早実・清宮選手を巡る敬遠策と高校野球の在り方に物申す!

5月14日、熊本県で行われた「早稲田実業」対「秀岳館高校」の練習試合において、清宮選手と対戦させたいが故に、前打者を敬遠して勝負を挑む場面が見られた。物議を醸したこの采配と、高校野球の在り方について探っていきたい。

大リーグ式「敬遠の申告制」導入で野球が変わってしまう?

大リーグでは、今季より敬遠こと故意四球の申告制が始まる。打者を敬遠する際に監督が審判に申告すれば、投手は四球を投げることなく打者を自動的に歩かせることができる。今後、日本でも採用されたとき、ルール変更が持つ意味を考えていきたい。

大谷翔平選手が気付かせた野球の魅力と新しい価値観とは?

来期にはポスティングシステムによる大リーグ移籍が濃厚なことから、故障で戦線離脱している現状は、ファンからすれば歯がゆい部分もあるだろう。その大谷選手が殊更に気付かせてくれた、野球の魅力と新たな価値観について探っていきたい。

ビデオ判定は誰のために?導入の是非を改めて問いたい

日本プロ野球では、誰もが納得するジャッジを確保することを主目的として、2010年にビデオ判定が導入された。しかし、その一方で、導入に関してファンの間で是非が問われていることも事実である。ここではビデオ判定の存在意義について考えてみたい。