人生は旅だ

よもやま話に花が咲く

感動

救いの手を差し伸べる!足元が凍り付いて飛び立てない小鳥

風吹きすさぶ極寒の日に、外出はおろか家にいても動くのがおっくうになってしまう。極力体を動かさず、体力を温存することで、寒さを耐えしのぎたくなるもの。鳥たちはどのように考えているのだろうか。ただし、飛び立てなくなってしまっては一大事だ。

少女があげた一つの硬貨から始まった感動の出来事

海外では大道芸人に出会う機会が多くはないだろうか。通行人が投げ銭を入れていく光景をよく見掛ける。お礼に演芸をしてくれるのを知っているからだ。この少女もまた男性の目前に置かれた帽子に「気持ち」を入れた。すると、まさかの光景が広がる。

断崖絶壁から滑空する冒険野郎をセスナ機がお出迎え?

羽のない人間にとって大空を鳥のように舞うことは永遠のロマンかもしれない。ただし、一度高所から落下してしまえば、容赦なく「死」が待ち受けている。この2人の男たちは一見すると無謀とも思える挑戦を勇敢に選択したのだ。果たして生死はいかに。

地下鉄の駅構内で心を打つハンドパン演奏をする孤高の男性

今ではごく当たり前の光景になっている路上ライブ。そこから初舞台を踏んだ芸能人も少なくない。海外には路上ライブならぬ駅内ライブがあるそうだ。駅の構内や電車の中で表現し、おひねりをもらう類いだ。この鍋みたいな楽器を抱えた青年もその1人だろう。

ばく逆の友!タイ人女性とアジアゾウの心温まる信頼関係

世間には無類の動物好きがいる。動物への愛情に満ちあふれ、家族も同然に接する。もちろんお互いの気持ちは以心伝心である。そして、この女性も身の丈をはるかに超える象と心が通う一人であることは間違いなさそうだ。

大規模なドミノ倒しは想像力とびっくり仰天の宝庫!

ドミノ倒しが流行したのは今から30年くらい前だろうか。本式ではなくとも将棋の駒などを転用して遊んだり、自転車がばたばたと倒れてしまったりしたことがあるやもしれない。広い世界に目をやると「ドミノ倒しのとりこ」になった猛者がいるようだ。

操縦室から望む山紫水明!雲海を突き抜けて滑走路を目指す

航空機の操縦士は子供たちの「将来なりたい職業」で常に上位に入るほど人気だ。ジェット機や軽飛行機を操り、一天を飛び回ることを想像すれば、魅力を感じるのも納得だ。実際に航空機の操縦室から眺める窓外の景色はどんなものだろうか。

懐かしいゲームの数々と野生動物の森のパズルが共演!

ゲームの萌芽(ほうが)期に一世を風靡(ふうび)したのはインベーダーゲームだろう。そして、パックマンやテトリスも不朽の名作だ。安倍晋三首相がコスプレをして話題になった「マリオ」も世界に名高い。たとえそれらが「画像」でも感動必至のはずだ。

船上での30日間を10分間に短縮!花鳥風月を友とする

旅を題材にした写真は実に見がいがある。同じ場所でも同じ瞬間は二度と訪れないのが魅力の一つかもしれない。自らも旅路にいるかのような感覚を味わわせてくれるのだ。写真でもこれだけ心奪われるのだから、本動画だと感動もひとしおのはずだ。

ご主人さまと感動の再会!万感胸に迫るわん公?

犬が飼い主に忠実なのは有名だ。犬はオオカミの突然変異であり、集団で生活する生き物だった。そのため、集団の中での規律を重視する特性があり、集団内の統率者に誠実になるそうだ。ただ、飼い主と長期にわたり対面していない場合はどうなるだろうか。