人生は旅だ

よもやま話に花が咲く

動画

なんとしても関心を引きたいわん公?知らず顔の飼い主!

愛犬家が犬を愛してやまない理由の一つは一度信頼関係を築き上げたら、飼い主に対して忠誠を尽くし切ってくれることだろう。そして、あらゆる手段を使って飼い主からの愛情をほしがるのが実にかわいらしい。ところが、あえて無視したらどうなるのだろうか。

甘露メロンの種!生えた根が伸びるまでをまとめた9日間

青物屋では促成栽培や抑制栽培などの発達により、旬以外でも年間を通じて多種多様な果物が並ぶようになった。その中でも高級果物の代表格であるメロンがどのように成長していくのかご存じだろうか。なかなか目にできない成長過程の一部をのぞいてみよう。

木工旋盤で大ちょんぼ?切削されたのは木材だけにあらず!

小学校には図工こと図画工作の授業があり、絵画や造形を学んだ。副教科のときだけ、意気揚々としている同級生もいたはずだ。物作りには人を無二無三に打ち込ませる何かがあると幼心に思ったものだ。ただし、何事にも失敗が付き物であることは忘れるべからず。

路上で産気づいた女性!無事出産するも子犬だったなら?

出産は人生の一大行事である。そばにいたなら固唾(かたず)をのんで見守る。しかも、病院ではなく緊急出産なら、一段と張り詰めた雰囲気になるのは必至だ。そして、無事に出産できたときの感慨もひとしおに違いない。ただし、産まれてきたのは子犬なのだが。

カモを捕まえる原始的なわな!自然を利用した調理法とは?

近年の情報技術の目覚ましい発展により、われわれの生活様式は大きく変化しつつある。一方、それに反比例して自然と触れ合う機会は逓減している。だから、たまには山川草木を身近に感じ、花鳥を眺めるのもいいはずだ。ただし、ここまでするかは抜きにして。

ハリウッド顔負けの作品?CM大国タイが視聴者を魅了する!

CMをはじめとする映像作品に対する国際的なコンテストは各地で行われている。その中でも好評を博す常連がタイである。さすが「自由の国」と称されるだけあって、滑稽なものから感動的なものまで表現力の幅が広く、思わず見入ってしまう名作ぞろいなのだ。

大人の「鬼ごっこ」?プロの運動選手たちによる真剣勝負!

子どもの頃はどんな遊戯をしていただろうか。鬼ごっこをして遊んでいたのを思い起こす大人も多いはずだ。地域によって鬼遊びや鬼事とも呼ばれる鬼ごっこ。今や会話にすらあまり出てこないのではないだろうか。ところが、スポーツとして発展しているようだ。

巨大な氷塊とトランポリンの強度対決!軍配が上がるのは?

世の中には有りと有らゆることに白黒をつけたがる趣も少なくない。チーターとプロングホーンではどちらが俊足か。犬と猫ではどちらが愛らしいかなど枚挙にいとまがない。この動画では氷の塊とトランポリンが丈夫さを懸けて真っ向勝負する。

ひねりが利いた演出によって運ばれたケーキとは?

いつの時代でも人間は食べ物に情熱を注ぎ、おいしく食べるために創意工夫を重ねてきた。現代でも料理番組やレシピサイトが人気なのもうなずける。しかし、いまだかつて配膳にここまでこだわった人間がいただろうか。

とがめて問いただす飼い主!知らんぷりで押し通すわん公?

家族にとって愛犬はかけがえのない存在。だからこそ有り余る愛情を注ぐ。しかし、動物だから人間と同じように過ちを犯す。やらかしてしまった愛犬に対して、愛のむちをどのように与えるのだろうか。人間社会にも合致する「やりとり」に注目だ。

航空機から投下されたドラム缶!水面を滑るように跳ねる

今から80年ほど前に第二次世界大戦が開戦した。それから、世界中の至る所で戦争は行われ、多くの尊い命が犠牲になった。また、列強諸国が軍事力拡大を目指していた当代に幾多の兵器が発明された。この一風変わった爆弾もその一つである。

18時間にもわたり一心不乱にさびた包丁を研ぎ続けたら?

古くなったものを捨てようとすると、祖父母から「もったいない」と叱られたことはないだろうか。暖衣飽食の現代日本も一昔前には大東亜戦争の焼け野原を経験したのだと痛感させられる。しかし、さしもの祖父母もこの包丁は幾らなんでも捨てていたはずなのだ。

まんまと術中に陥るわん公と悪さが好きなこわもての飼い主

飼い主に有りっ丈の愛情を表現してくれる愛犬。その愛くるしさときたら筆舌に尽くし難い。そんな家族の一員だからこそ、ついつい増長してしまい、からかってしまいたくなるもの。そして、滑稽な行動にも癒やされ、愛犬との距離はさらに縮まっていくはずだ。

飼い主の注文に即応!頭脳明晰(めいせき)なわん公

依頼をすっぽかされたり、意図せぬ方向に進んでいたりすると、思わずいらいらを隠せないこともある。振り返れば、自らに落ち度があったとしてもだ。しかし、この家庭では、そんなかんしゃく玉を破裂させることと無縁に違いない。何せ名犬アビーがいるから。

子猫をじっくり観察!眠りに就くまでの一連の儀式

飼い猫はご飯の時間を除き、一日中ごろごろしていることが多い。あまりにも動かないものだから、事切れたのかと勘違いしてしまうこともあるほどだ。しかし、この動画を見れば、猫が眠り始めるときの一つの模様を知ることができるはずだ。

われわれの人生を71・8秒に凝縮するとこのようになる

公園で遊んでいる子どもや車内の親子連れを見ると、ふと自分の幼少時代を懐古し、人生を回想することがある。これからご紹介する動画は性別や国籍を問わず、人の人生を71・8秒に要約したものだ。なぜ71・8秒なのかは動画を見てのお楽しみである。

レモンを口にしたわん公!敵対視する様子が愉快痛快

食べ物が想定外の味だったら、辛くて舌を出したり、酸っぱくて口をすぼめたりしないだろうか。これは脳内で「塩味・酸味・甘味・苦味」に対する準備がないから起こること。では、犬が未知なるレモンを食べたら、どうなるのだろうか。

深海をたゆたうクラゲが放つ神変不思議な花火とは?

森羅万象が未知から既知へと解明されていく現代。しかし、深海で生息する動植物の実態はいまだ不明な点が多いそうだ。それもそのはず、海底は広大無辺で人跡未踏の場所だらけだからだ。従って、この海中の「華麗な花火」の存在も知らなくて当然である。

足をまるで手のように使ってハンバーガーを食べる軟体女性

柔軟さは洗濯のときに衣類に対して活躍するだけではない。人付き合いや健康の維持にも欠かせないはずだ。また、身体が柔らかいと大けがが少なく、器用に動ける印象もないだろうか。そんなうらやましくもある特長を生かして奇妙なことに挑戦した女性がいた。

飼い主の体調が突然悪化!わん公が取った行動とは?

愛玩動物の中でも、飼い主に対する忠誠心が高いと評される犬。とはいえ、愛犬も該当するかどうかは不透明だ。そこで、飼い犬がどれだけ飼い主を意に介するかテスト試験をしてみることに。果たして衝撃の結末を迎えることになるのだろうか。

アキレス腱(けん)が切れる音!激痛に耐える女性のうめき

人々が運動する動機は競技で結果を残すため、自らが目指す体型を手に入れるためなどさまざまである。何歳であっても「健康でありたい」願望を抱くもの。そんなありきたりが、文字通り音を立てて崩れてしまう。その衝撃たるや計り知れないが、教訓としたい。

泣きっ面に蜂!気ままな猫と自らの尻尾を追い掛けるわん公

ちょっかいを出したり出されたりは年がら年中見る光景だ。それは人間同士ではもちろんのこと、共に生活する愛玩動物と人間でも意思疎通の一環として行われる。それでは、性格がまるで異なる犬と猫の間でも成り立つのだろうか。

熱狂的ファンが演奏する!スター・ウォーズの主題曲

1977年に「スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望」が公開されて以来、シリーズの各作品は世界中で愛され、多くのファンを生み出した。この動画ではスター・ウォーズに心酔する2人組の男性が、テーマ音楽を熱く演奏する。学校教育で定番の楽器を使って。

猫が食べるのは全部?床に置かれた生肉とゆでた肉!

なんでもかんでも好物の人間はいないはずだ。実際に食べるか食べないは抜きにして、好き嫌いは少なからずあるもの。最近では食生活における偏食が問題視されることも多い。それでは、猫も好きな食べ物をえり好みするのだろうか。この動画を見れば一目瞭然だ。

現代版「首狩り族」ならぬ「首取り族」?周囲は混乱状態!

日本では「安全はただ」と評されており、事実凶悪犯罪は年々減少している。しかし、連日陰惨な犯行が報道されると不安になるもの。しかも、一部の犯行の動機が不透明だから、不気味さを浮き彫りにする。この動画のような事件が起こらないのを願うばかりだ。

自然の恵み!温かみのある丸太小屋が森林の更地に誕生

雪山の丸太小屋は自然の中にうまく溶け込んでいる。屋内ではストーブで暖を取り、熱めの飲み物で体の芯からほっこりとして時を過ごす。そんな夢とロマンの詰まった「空間」を、たった一人だけで更地から完成させた匠人にはあっぱれだ。

死と隣り合わせ!高層ビルの間を跳び回る海外の忍者たち

主人公たちが追い掛けられる場面は映画には付き物だ。乗り物に飛び乗ったり、急斜面の壁をよじ登ったりして逃げ回る。こんな漫画のような非現実的な世界を実現した人たちがいる。ただし、一歩間違えば転落死が口を開けて待っている。

しつこくちょっかいを出すわん公についに怒りが大爆発!

空気の読めないお調子者には困ったものである。それはどうやら人間だけに限らず、動物の世界でも共通らしい。相手の様子をしっかり見極めた「さじ加減」が大切なのだろう。本気で怒らせてしまったら、このわん公のように痛い目に合うからだ。

トイレの便器から勢いよく飛び出してくる招かれざる客!

老若男女が自宅のトイレで用を足す。誰からも干渉されず、密閉された一人っきりになれる場所。たとえてんてこ舞いの忙しさでも、トイレでは悠々閑々でありたい。ところが、こんな不意打ちをされたら、「大なり小なり」びっくりするに違いない。

水をまいて出来上がった池で魚釣りを始めるアニメーション

啓蟄(けいちつ)を迎え、暖かくなってくるとキャンプもいいもんだ。楽しみの一つは開放感あふれる野外での食事である。ただし、調理に必要な食材の調達はなかなか面倒なもの。この動画のように簡便にできたら、願ったりかなったりなのだが。