人生は旅だ

よもやま話に花が咲く

タイ王国

タイのお薦めのお土産を厳選!あえて定番を除外してみた

2016年には144万人もの日本人が「ほほ笑みの国」へと旅立っている。タイのお土産を選ぶときに「ありきたりでは面白くない」と考えることも多いはずだ。今回はそんな方のために「人とはちょいと異なるタイのお土産選び」をお伝えしたい。

祭りの定番サーオ・ノーイ・トック・ナームは大人の余興?

辞書を引けば「年頃の女性が水に落ちる」という日本語訳になる。真っすぐな命名にくすりと笑ってしまうが、タイ人にとっては慣れ親しまれた余興の一つだそうだ。いわば日本のお祭りにおける金魚すくいなのかもしれない。ただ、水からすくわずに落とすのだが。

タイのタクシーは乗車拒否やぼっ手繰りが日常茶飯事?

近年、話題になっているタクシーの乗車拒否やぼっ手繰り。看過できない悪質なものもあり、タイでニュースになるほどだ。観光業に注力している政府も「悪影響」を排除するために躍起になっている。今回はそんなタイのタクシーの実態に迫ってみた。

タイの不敬罪とプーミポン前国王が愛されたお犬様

2016年に崩御されたタイ王国のプーミポン・アドゥンヤデート前国王が比類なく愛された雌の雑種犬トーンデーンをご存じだろうか。たとえ動物であっても国王がお世話をなされば「王室」と同等に扱う必要がある。このことを決して忘れるべきではなさそうだ。

不名誉なメダル?バンコクの交通渋滞はものすごい!

バンコクの道路を埋め尽くす「自動車の群れ」は印象的だ。交通渋滞が悪化すると、最寄りの駅までは、タクシーよりも徒歩の方が速いこともざらにある。日本の道路の混み具合なんて比べ物にならない。そんな観光客をも悩ますバンコクの交通渋滞を捉えてみた。

世界一長いバンコクの正式名称!タイ人も覚えられない?

タイの首都「バンコク」には、延々と続くフルネームが存在する。そして、タイ人はバンコクのことを「クルンテープ」と呼んでいる。では、なぜそこまで長いのか。なぜバンコクとは言わないのか。そんな素朴な疑問を調査してみた。

タイ旅行を楽しむために!3種類の「気候」と注意すべき点

タイ王国がただ暑いだけだと思ったら当て違いだ。タイ旅行で盲点になるのが季節感の読みの甘さである。思いの外に涼しい、暑い、雨が降る。それらに起因する体調不良が後を絶たない。タイ旅行をより満喫するためにも、この「気候」について知っておこう。

タイ王国で決してやってはいけない八つのこと

タイ王国は世界屈指の親日国である。また、日系企業も多数進出しているため、日本人と接する機会も多く、理解ある態度がほとんどだ。しかし、全てが許容されるわけではない。日本と異なるタイの慣習を踏まえ、禁忌を犯さないようにしなければならない。

ドリアンとビールの食い合わせは死ぬ?を体験してみた

あなたも一度は耳にしたことがあるかもしれない。都市伝説ともなっている「死を招く危険極まりない組み合わせ」のことを。この風聞はドリアン好きにもビール好きにも憂いを抱かせているはずだ。真偽のほどをタイ人への聞き取り調査も含め、確かめたいと思う。

タイ社会でうまくやっていく四つのヒントとタイ人の国民性

私はタイで勤務をした3年間で、さまざまなタイプのタイ人と接する機会があった。タイ人を正しく把握することで、タイ社会との正しい関わり方も見えてくるはずだ。主立ったタイ人の性格や気質を一つ一つ見ていこう。

4月に旬を迎えるタイのお薦めフルーツ5選

タイは赤道から北緯30度辺りに位置し、熱帯に属している。そんな常夏のタイには一年中おいしいフルーツを楽しめるのだが、気候の変化とともに旬がある。今回は4月に旬を迎えるタイのお薦めフルーツを、独断のランキング形式でご紹介する。

タイのソンクラーン祭りは「いつも」と違うので要注意

ソンクラーン祭りは、われわれが見慣れた「ほほ笑みの国タイ」とは少々異なる様相を呈している。軍政存続など政治的な背景にも左右されるので時事ニュースを見逃せない。それらを踏まえてソンクラーン祭りでの注意点を詳しく見ていきたい。