人生は旅だ

よもやま話に花が咲く

スズキ・ジムニーとFIAT 500に脈々と流れる確固たる信念

FIAT 500は発売から10周年を迎えた。2016年の小規模な変更を除き、初志貫徹してきた骨のある車種だ。それに対抗し得る新車の国産車は、20年ぶりの全面刷新のうわさが立つスズキ・ジムニーをおいて他にないだろう。そこで今回は、この2車を比較してみたい。

甲子園で大人たちの蛮行?高校野球の観戦の仕方を考える

2017年夏の甲子園において、スタンドの応援団によるタオルを回しての応援が禁止された。これが球場全体に波及し、高校球児のプレーに悪影響を与えることへの懸念からだ。話題となった「タオル回し禁止」が持つ意味を高校野球の本分と参看し考えたい。

ドラクエ11を遊んでみた率直な感想!ネタバレ無し

ドラクエ11が発売されてから1カ月が過ぎ去った。最新の発表によれば販売総数が300万本を突破したようだ。驚異的な売り上げには、あっぱれである。これから始める方、迷われている方のために、ネタバレしない範囲でプレーした感想を腹蔵無くお伝えしたい。

日本ではあり得ない!大リーガーの特殊な契約とは?

大リーグの選手契約には、実に多岐にわたり報酬事項が盛り込まれている。ただ、その恩恵にあずかれるのは、ほんの一握り著名な選手のみである。日本ではおよそ聞かれない、米国ならではの「驚きの契約」に触れてみたい。

タイの不敬罪とプーミポン前国王が愛されたお犬様

2016年に崩御されたタイ王国のプーミポン・アドゥンヤデート前国王が比類なく愛された雌の雑種犬トーンデーンをご存じだろうか。たとえ動物であっても国王がお世話をなされば「王室」と同等に扱う必要がある。このことを決して忘れるべきではなさそうだ。

アバルト 595 コンペティツィオーネの立ち位置とは?

2017年2月の変更で、アバルト 500からアバルト 595へと呼称が変更され、全て「アバルト 595」に一本化された。FIAT 500との差別化がより鮮明になったが、その中でも最も人気のアバルト 595 コンペティツィオーネについて、個人的な見解を述べてみたい。

すってんころり素っ転ぶペンギン!おっとっと危ない

水族館に行けば、優雅に泳いでいるイルカや魚だけが楽しみではない。そそっかしいけれど愛嬌(あいきょう)のあるペンギンを見ていると、妙に心が癒やされないだろうか。たとえひっくり返っても、心配よりもほほ笑ましさを感じてしまうのだ。

地理クイズ!あなたはこの国の場所を答えられる?

今回は統計学でも「海外に無関心」のレッテルを貼られることが多い、米国人に質問している。旅行したことがある国なら、瞬息の間に回答できるはずだ。しかし、たまに紙面をにぎわす「あの国」がどこにあるかを的中することはできるだろうか。

すれちがい通信で珍奇なヨッチ族を入手しよう!

3DS版ドラクエ11では、すれちがい通信を生かして、時渡りの迷宮が遊べる。本編のフィールドにも点在しているが、すれちがい通信では、より強力なヨッチ族も仲間にできる。これから攻略を目指す方も多いはずだ。今回はヨッチ族にまつわる情報をまとめてみた。

諦めがつかないわん公!手品で消え去った大好物?

何よりも好きな食べ物や飲み物が、こつぜんと影も形も無くなれば、心の動揺は少なからずあるはずだ。冷蔵庫に入れていたはずの「楽しみ」が、いきなり消えうせたときを想像してもらいたい。それが犬の目の前から不思議な消え方をしたらどうなるだろうか。